おしゃれな暑さ対策グッズ販売中!☜クリック

「サステイナブル・エシカル」カゴ日和の関わり方




サスティナブル・エシカル・SDGs・・・

 

「もう知ってる!」という方も、「はじめて聞いた!」という方も、どちらもいらっしゃると思います。

 

カゴ日和は、エシカルファッション(エシカルな商品)・サステイナブルファッション(サステナブルな商品)のご提案、また、エシカル消費につながるモノ作りを目指しています。

 

しかし、これらは決して「こうでなければいけない」という押しつけではありません。

 

「サステナブル・エシカル・SDGs」って何?って思われた方、少し興味ある!っていう方は、先に進んでお読みいただけましたら幸いです。

 

SDGsとは?

さっそくですが、サステナブル・エシカルの前に、まず「SDGs」について触れさせてください。

SDGsって何?

SDGsは、2015年9月、150を超える国のリーダーが参加して開催された「国連持続可能な開発サミット」で、各国が自主的に取り組むことを約束したものです。

(法律や規制のようなものではありません)

 

SDGsは「Sustainable(サステナブル)Development(ディベロップメント)Goals(ゴールズ)」という言葉の頭文字をとったものです。

 

「エス・ディー・ジーズ」と読みます。

 

  • サステナブル=持続可能な
  • ディベロップメント=開発
  • ゴールズ=目標

 

「将来にわたって、くらし続けていけるように、世界をよくしていくための目標」という意味になります。

 

SDGsは、2030年までに達成する17の目標を決めています。

※17の目標と「169のターゲット」から成り立っています

 

SDGs「17の目標」

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

これらの目標ごとに、各アイコン(色とマーク)が決められています。

 

SDGsとファッションとの関係

服を作る背景には

  • 水質汚染
  • 大気汚染
  • 環境破壊
  • ゴミ問題
  • 低賃金・長時間労働

など、様々な問題が含まれています。

 

現在は特に、ファストファッションの流行にともない、ファッション業界全体が、地球汚染に対してとても影響度が高い業種であると言われています。

 

製造から廃棄に至るまで、たくさんのエネルギーが消費され、同時に二酸化炭素が発生します。

 

地球温暖化の原因である二酸化炭素の世界全体の排出量のうち、8%以上がファッション業界からの排出であるとも言われています。

 

また、衣服に使うために動物を大量に処分することなども、問題視されています。

 

そのため、現在はサスティナブル(持続可能)なファッションに取り組むブランドや企業が増加しています。

 

サステナブルファッションとは?

※「サステナブル・サスティナブル・サステイナブル」日本では、主に3つのカタカナ表記が使用されますが、統一されていないだけで、意味は同じです

 

サステナブルは「持続可能な」という意味です。

 

ファッションにおいてサスティナブルであるということは、

  • 服のデザイン
  • 素材の選定
  • 製造工程
  • 消費過程

等、全てにおいて、環境にやさしいアプローチをすることです。

 

具体的には・・・

  • 環境負荷の少ない製造方法をとる
  • 化学農薬を使用しない素材を使う
  • オーガニックコットン・リサイクル素材を使う
  • 地域産業の活性化につながる国産・ローカルメイドを心がける

などが挙げられます。

 

また、個人で今すぐできることもあります。

  • 購入したものを大切にリメイクしながら長く愛用する
  • リサイクルショップを利用する(買う・売る)
  • 新しい価値あるものに作り替える(アップサイクル)
  • 商品を購入する際、過度な梱包を断る

なども、大きな貢献となります。

 

消費でできるSDGs

服(ファッション)もそうですが、私たちは、毎日生きていくために、様々なものを使っています。

 

色々なものを手に入れ、使い、なくすことを「消費」といいます。

 

そして、世界がどうすればよくなるのか考える消費の仕方を「エシカル消費」といいます。

 

エシカル消費って何?

エシカルとは「倫理的・道徳的な」という意味です。

 

かみ砕くと、「環境や社会に配慮した製品やサービスを選んで消費すること」となります。

 

決して、消費の自由を奪うものではなく、自分ができることを、できる方法で実行するものです。

 

どんな消費の仕方があるのか、ご興味がおありでしたら「エシカル消費」でネット検索すると、色々と知ることができます。

 

また、生産にかかわるすべての人と地球環境に配慮したファッションを「エシカルファッション」と呼びます。

 

エシカルファッションとは?

上記と重なりますが、エシカルファッションとは「倫理的・道徳的なファッション」のことです。

 

「サステナブルファッション」と「エシカルファッション」違いがあいまい!境界線ってあるの?

って、私も思っていました。

 

あえて違うところがあるとすれば、「エシカルファッション」と表現される場合には、「サステナブルファッション」で言われている環境保護に加えて、ファッション業界全体が与えうる社会的な影響にもっと焦点を当てている、と捉えています。

 

エシカルファッションでは、服や小物、ファッションの生産に携わる製造者の生活賃金・労働条件・健康と安全・強制労働・児童労働といった、環境問題以外にも、幅広い問題に取り組んでいます。

 

また、エシカルファッションでは、動物愛護の点から、毛皮・皮・ダウン等の使用をしません。

 

以上、SDGsやサステナブル・エシカルとファッションについて簡単にまとめました。




 

サステナブル・エシカルと「カゴ日和」の関わり方

「エシカル消費」という考え方、消費行動は、今後ますます広まっていくのではないかと思います。

カゴ日和では、エシカル消費につながるモノづくりをしています。

 

しかし、これらは〇〇でなければいけない、というように、押し付けるようなものではないとも思っています。

 

日本には、もともと「もったいない」という言葉があるように、多くの方が、幼い頃から「ものを大切にする」「食べ物を残さない」という心が自然と育っているのではないでしょうか。

 

また、数十年前から使われている「省エネ」「エコ」などの言葉やそれに基づく企業や個人での働きかけや行動も、現在では当たり前のように私たちの生活に浸透しています。

 

意識を持って、新しく何かを始める、ということも必要ですが、すでに、知らないうちに環境のために良いことをしていた、ということは、みなさんにも思い当たることはたくさんあるのではないでしょうか。

 

カゴ日和は、もともと、サステナブルやエシカルを目指していたわけではありません。

 

しかし、私自身が関心があったり、たまたま興味が向くもの、また好きと感じるものが、それらとつながるものであると、感じていました。

 

これまではあえて言ってきませんでしが、ここで改めて、「サステナブル・エシカル」な商品を扱っていることや「エシカル消費」ができるショップであることを、文章でお伝えしてみようと思いました。

 

  • 知らなかったけど、ここで知るきっかけになった
  • 欲しいものが「サステナブル・エシカルファッション」と知ったことで、より満足度が高くなった

という方が、おひとりでもいらっしゃいましたら、とってもうれしいです。

 

カゴ日和が現在商品としてご提案しているものは

  • エコ・省エネにつながるもの
  • リメイク・アップサイクルしたもの
  • 地産地消のもの
  • アニマルウェルフェア(皮等の使用をしません)
  • 天然素材や自然(土)に還るもの(一部商品にはプラスチックを使用しています)

などです。

 

また、商品をお届けする際の段ボールを再利用させていただいたり、過度な梱包、紙の発行を控えさせていただいております。

 

これまでも、特に意識してということではありませんでしたが、今後も、このような商品とサービスを引き続きご提供していきたいと思っています。

 

まとめ

サステナブルなライフスタイルを提供する「エシカル消費」は、間違いなく気候変動への対策に貢献するものです。

 

でも、極端な思いを実行してしまうことで・・・

  • 生活を制限されてしまったり
  • 窮屈な思いをしたり
  • ストレスを感じたり
  • 我慢や負担を強いられたり

という状況にも陥りかねません。

(私にはそういうことがよくあります)

 

私個人の意見ですが・・・

  • まずは家族や身近な人に対して
  • 持つもの、身に着けるものに対して
  • 触れるもの、目にするものに対して

全てに愛を持って接することができれば、そんなもの簡単に解決に向かうんじゃないケ?って思っています。

 

急に語尾がおかしくなったのは気にしないでください。

 

個々人の小さな愛がやがては大きな愛に拡大し、最終的に地球規模に発展!という野望を密かに抱いているのは、私だけではないはずです。

 

意識しなくても、それこそが、サステナブルなライフスタイルへとつながっていくのではないだろうか・・・

 

と、最後一気にスピ系の話に展開というオチになりそうです。

大丈夫だったでしょうか。

 

以上。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

(自主的に強制終了しておきます!)