おしゃれなかごバッグのお店「カゴ日和」はここをクリック☜

子供の習い事【バイオリン】を続けるコツ!2年間諦めずに継続したまとめ




4月になり、娘がバイオリンを始めてから2年が経過しました。

 

子供の習い事として、特に幼い子がバイオリンを続けることは、なかなか大変であると実感しています。

ご苦労されているお母様も、きっと多いのではないでしょうか。

 

今回は、4歳からバイオリンを始めた娘の2年間を振り返りたいと思います。

続けるコツ、やめるかどうか迷ったときの対処法など、私達の経験が少しでも、どなたかの励みになったり、参考になりましたら幸いです。

 

子供が「バイオリンやめたい!」と言うのは当たり前

娘は、自分から「バイオリン習ってみたい!」と言い出しました。

そして、4歳になったのを機に、レッスンに通い始めました。

子供の習い事「バイオリン」を始めるのに適した年齢は?3歳から?4歳から?

 

始めてから半年は、毎日家での練習を嫌がり、レッスンを嫌がり、精神的にこちらがきつかったのを覚えています。

そして、1年が経過したときも、そんなに状況は変わりませんでした。

厳しい習い事は続く?娘がバイオリンを始めてから1年のまとめ

 

娘がはじめたい!と言って、始めたバイオリン。

 

しかし、バイオリンは楽しい!面白い!もっとやりたい!という習い事ではないことは、私は最初からわかっていました。

 

それでも始めさせたのは、どんなに大変でも、辛くても、絶対に続けさせてみせる!という気合と覚悟があったからです。

 

バイオリンは、音を出すだけでしたら、誰にでも簡単にできます。

しかし、楽器を構えることができるまで、弓を使えるようになるまで、がとても大変です。

 

辛い、厳しい練習を、自ら望んで毎日続けられる子供って、どれくらい存在するでしょうか?

 

子供が、バイオリンの練習を嫌がる、バイオリンやめたい!と言うのは、当たり前だと思っています。

 

ですから、私は、娘が嫌がっても、やめたいといくら言っても、決して怒ることはありません。

いかに子供の気持ちを持ち上げることができるか?

どうしたら練習が少しでも楽しい!と思うようになるか?

ということを、念頭に、練習に取り組むようにしています。




嫌がる子供に2年間バイオリンを続けさせたコツ

バイオリンは、毎日の練習が欠かせません。

バイオリンや習い事の練習、子供が辛そう。嫌がっても毎日やらせるべき?

 

それなのに、毎日お子様が、練習を拒否する、泣いて抵抗する、始めるまでが大変!

という経験をされているお母様は、多いと思います。

 

娘は、毎日始めるまで、楽器を出すまでにとても時間がかかり、骨が折れました。

そして、最初は、こんなことから始めました。

子供がバイオリンの練習を嫌がる!「モチベーションアップの秘訣」

 

例えば、ご褒美で釣っても、最初は構わないと思います。

 

「バイオリン終わったら、特別なおやつ用意してるよ!」と、アイスをチラつかせたり・・・

「練習終わったら、コンビニ行こうか?」と、娘が好きなことをご褒美にしたりもしました。

 

そんな風に、お子さんが好きなこと、特別だと思っていることを、ご褒美として用意してあげる、ということも、最初のうちだけでしたら許してあげてみではどうでしょうか。

 

そのうち、毎日の練習が定着してきた頃には、少し嫌がったとしても・・・

 

「バイオリン終わらないと、お友達と遊ぶ時間がなくなるよ!」

「少しでも面倒くさいと思ったことを済ませて置けば、残りの時間は自由に思い切り楽しめるよ!」

など、少しの声掛けで、サッと楽器を出してくるようになりました。

 

そして、バイオリンを続ける究極のコツは、「決して諦めずに継続すること」です。

これは、お母様の覚悟が必要かもしれません。

 

2年間続けてみて思ったのは、諦めないことと、ただただ続ける、ということの難しさです。

 

何度もやめさせようか迷いましたし、子供が嫌がっているのにやらせるのは、親のエゴだとも思いました。

 

それでも続けてきたのは、考えるたびに、まだできる!という何かを、ほんの少しでも娘の中に見いだせていたからだと思います。

バイオリンや習い事を続けさせるのは親のエゴ?子供がやめたいと言ったら

 

ほんの少しでも、まだ続けられるという何かがお子様にあるのでしたら、2年間は頑張ってみてください。

 

きっと、ふっと楽になる瞬間があると思います。




諦めないで継続した先には何が得られるかを知るための挑戦!

決して好きでやっているわけではない、バイオリン。

すぐにでもやめたい、バイオリン。

 

何でやらされているのかを、きっと理解していないだろう娘と、約束していることがあります。

 

バイオリンを続けるのは・・・

  • 先生に言われたことをきっちりと守り
  • 決して諦めずに続けると
  • 数年後にどうなっているかを、知るための勉強

 

「とっても楽しみだね!」ということにしています。

 

技術の向上とか、音楽性などは、今はあまり求めずに、バイオリンは、諦めずに続ける姿勢を身に着けるための手段であると、割り切っています。

 

期限は、今のところ、小学校3年生、と決めています。

 

「3年生になったら、やめるか、もし続けたいって思ったら続けるね、また一緒に考えようね!」

と、娘も理解しています。

 

3年生くらいになれば、ある程度、他の可能性を探ったほうがよいのではないか、または、習い事の中で、どこに比重を置くかなどの考えも、定まってくると思います。

 

もちろん、絶対ではありませんし、今後考えが変わることもあり得ますが、今のところは、3年生までは続けてみる、という約束をしています。




まとめ

バイオリンを続けるからには、ただ続ければいいとは思っていません。

 

「先生は、間違ったことは、決して言わない」

「先生に言われたことを守る努力をする」

「それが全てできるようになれば、絶対に上手になれる」

 

とにかく信じて、続けてみよう!

 

これが、私達のバイオリンに対する姿勢です。

 

娘がバイオリンを始めてから、2年。

試行錯誤しながら、様々なことを乗り越えてきました。

 

最近は特に、ちょうど、パズルのピースがつながるように、娘の中でこれまでのことがひとつにつながり、理解でき、自分のものになってきているのが分かります。

 

それに伴い、急に上達してきたことも感じます。

ちょこちょこと「バイオリン楽しい!」と娘の口から聞くことができるようにもなっています。

 

3年目は、どんな成長を遂げるのか、今から楽しみです。

 

おすすめの関連記事