おしゃれな暑さ対策グッズ販売中!☜クリック

キッチンの雰囲気を変えたい!簡単にはがせるタイルシールの貼り方




中古住宅を購入した我が家。

 

可もなく不可もなく、という感じのキッチン。

 

できるだけ費用を抑えたいのと、まだまだ使えそうでしたので、キッチンのリフォームは一切しないまま入居しました。

 

今回は、手軽にキッチンの雰囲気を変えることができるタイルシールと、貼り方をご紹介します。

どなたかの参考になりましたら幸いです。

 

古い!飽きたキッチン!お金をかけずに直したい

築17年の我が家。

 

キッチンは、一度リフォームされているとのことでしたが、それでも、やっぱり少し古臭いと感じていました。

 

私は、おばあちゃんちみたいな雰囲気も、嫌いではないのです。

 

しかしこの家のキッチンは、ものすごく古いわけでもないし、新しくもない中途半端さを入居前から感じていました。

 

特に、キッチンの壁が殺風景なのが気になっていました。

タイル貼りって、自分でできるかな?

ネットで検索して、何とか頑張ろうと思いました。

 

しかし、失敗したらやり直しがきかないし、しばらくためらっていました。

 

キッチン背面に可動式棚をDIY

まずは、キッチン背面の壁に、DIYで可動式の棚を作りました。

収納がもう少し欲しいなぁと考えていましたので、これはとても良かったです。

関連記事☟

収納が少ないキッチンにおすすめ!ロイヤルチャンネルサポートで可動棚をDIY

 

キッチンの扉のつまみ(ドアノブ)を替えた

そして、どうしても替えたかった扉のつまみ。

イメージしていたものはあったのですが、工務店に頼むほどでもないと思い、入居後に自分で替えました。

 

こちらを購入しました☟

 

しばらくはそれだけで満足していたのですが、やっぱり、壁も気になる!どうしても替えたい!と思い続けました。

 

そんな中見つけたのが、タイルシールでした。

 




キッチンを手軽にリフォーム!簡単!はがせる!タイルシール

 

キッチンの壁をDIYするなら防水耐熱のタイルステッカーがおすすめ

我が家は中古住宅ですが、賃貸物件でも、キッチンが少し残念!と思われている方は多いのではないでしょうか。

 

タイルシールでしたら、飽きたらきれいにはがすことができますし、原状回復が可能です。

 

防水ですので、水や油汚れも拭き取ることができますし、120℃までの耐熱ですので、キッチンに使用しても安心です。

 

手軽にキッチンの雰囲気を替えたい!

今後も、好みがかわるかもしれない・・・

タイルに憧れはあるけれど、自分でタイルを貼るのは大変そう。

不器用だから、DIYは不安。

お金はかけられない。

 

という、全ての方におすすめです。

貼り方を簡単にご紹介しますので、これならできそう!と思われましたら、是非チャレンジしてみてください。

 

タイルステッカーの貼り方

私は、面積の広い部分から貼っていきました。

この画像の、左奥です。

 

 

左から→右に、順に貼っていきました。

 

 

一番最後に貼った、こちらの面で貼り方のコツをご紹介したいと思います。

 

 

タイルステッカーは、4枚で1セットでした。

 

 

一枚がこのような状態になっています。

下と右に、白い余白がついています。

 

 

まず、貼り始めの一枚は、このように左端をまっすぐにカットします。

 

 

さらに、キッチンの壁のカーブに合わせてこのようにカットします。

 

 

 

高さを測り、寸法通りに上端をカットします。

 

 

貼ったところです。

 

 

一枚で、これだけ余りました。

 

 

次に、先程貼ったステッカーの右側にどんどん貼っていきます。

 

2枚目からは、左端はまっすぐにカットせず、そのまま使います。

コンセント部分の形と、高さを測り寸法通りにカットします。

 

 

貼ったところです。

 

 

2枚目は、これだけ余りました。

 

 

一番右端です。

コンセント部分と高さ、幅を測り、寸法通りにカットしたものを貼ります。

 

 

貼ったところです。

 

 

3枚目はこれだけ余りました。

 

 

これだけの面積で、タイルステッカーを3枚使用しました。

余る部分が多く出てしまうのが残念です。

 

 

仕上げです。

下端の、白い部分を埋めていきます。

 

 

余ったタイルステッカーをカットし、このような形を作ります。

 

 

白い部分を埋めるように、貼っていきます。

(一番左端ひとつだけを貼ったところです)

 

 

どんどん貼って余白を埋めます。

 

 

完成です。

 

ウォールステッカーの枚数は計算通りにいかなかった

今回購入したのは、ウォールステッカー専門店の「スクウェア」というショップです。

気に入った柄のタイルシールが、こちらのショップでしか販売されていなかったためです。

 

購入する前に、きちんとキッチンの壁の面積を測り、必要分を購入したつもりでしたが、上記のように、余分が結構出てしまうため、あとから2度、追加購入しました。

 

我が家のキッチンで、40枚くらい使用しました。

最初から、多めのセットで購入されたほうが割安になります。

 

キッチンをタイルシールでプチリフォーム!かかった費用

当初の計算では、16枚で足りるはずだった、タイルステッカー。

しかし、カットしながら貼っていくと、だいぶ足りないことがわかりました。

 

結局、追加購入を2回してしまいました。

最終的に使ったのは、タイルステッカー40枚です。

 

私は、16枚セットを2回、最後に8枚セットを1回購入しました。

16枚セットが¥11,100、8枚セットが¥6,200

合計¥28,400でした。

 

最初から20枚セットを2つ購入していれば、¥26,800でできていました。

 

こちらの、20枚セットが一番お得です☟

中古住宅のキッチンの壁をDIY!入居前と比較

BEFORE(入居前)

 

AFTER

 

 

BEFORE(入居前)

 

AFTER

好みにもよると思いますし、AFTERのあか抜けない感じ、私的にはいまいちなのですが・・・

 

キッチンの壁をタイルシールで気軽に替えてみたい!という方の参考になりましたら幸いです。

 




まとめ

今回、タイルシールはうまく貼れましたが、今一つ、納得のいかないキッチン。

キッチンに立つ時間が長いだけに、どうしても細かい所にまでこだわりたくなってしまいます。

 

今あるものを、どう活かすことがことができるか、理想のキッチンに、どうしたら近付くことができるか、今後も考えながら少しずつ手を加えていきたいと思います。

 

使用しているうちに、はがれた、汚れてきた、〇年もった、など、またこちらに追記していきたいと思います。

タイルシールってどうなの?と疑問をお持ちの、どなたかの参考になりましたら幸いです。

 

おすすめの関連記事